Month: August 2019
1食800カロリーの食事とは?

シアリスはバイアグラやレビトラに続く次世代のED治療薬として注目されています。 有効成分であるタダラフィルが今までのED治療薬や精力剤に比べてゆっくりと作用するので、服用後の最高血中濃度到達までの時間が最大4時間もあります。 効果の持続時間も従来の薬より圧倒的に長く、人によっては36時間も効き目が続くので、金曜の夜から日曜の朝まで楽しめる「ウィークエンドピル」などの異名を持っているほどです。 シアリスは他のED治療薬に比べて食事の影響を受けにくいのが特徴です。 そのため、服用前に食事をしてはいけない、服用後はすぐに性交を終わらせなければならないなどと焦らずに、普段の生活リズムを保ったままで自然な勃起を楽しめます。 しかし、全く影響がないわけではないので、シアリス服用前はメーカー発表の1食800カロリー程度の食事に抑えておくのが無難です。 1食800カロリーのメニューの例としては、ビーフカレーやポークカレー一皿、牛丼の並盛1杯、ビッグマック1個とSサイズの飲み物、スパゲッティミートソース1皿、グラタンやドリア1皿、うどんと稲荷寿司2個程度、クラブハウスサンドイッチ1皿などが挙げられます。 摂取カロリーは多少前後しても構いませんが、極端に脂っこいものや過剰なアルコール摂取は避けるようにしましょう。 少量のアルコールであれば気分を落ち着けることができるので飲んでも構いません。 今まで時間や勃起のタイミングを気にしてストレスが溜まったり不安に感じていた人も、効果持続時間が長く食事の影響が少ないシアリスなら安心して性交に備えることができます。 シアリスを活用して自然な勃起を持続させてED対策に役立てましょう。

2019年08月22日
シアリスを服用するなら800カロリーまでの食事に!

シアリスは代表的な勃起不全治療薬の中で最も長い効果持続時間をもっています。 個人差がありますが、24時間から36時間効果が持続するので、金曜日の夜に服用すると日曜日まで作用します。 そのためウィークエンドピルと呼ばれていて、一錠で週末を乗り越えられるので経済的なコストパフォーマンスにも優れています。 勃起不全治療薬の中でもシアリスは食事によって効果に影響が少なく、800キロカロリーまでの食事をした後に服用することが可能です。 800キロカロリーは、お寿司で例えると10貫から15貫ほどの量になります。 パートナーと軽めの食事を楽しめます。 アルコールは適量なら薬の効果に影響せず、精神的なリラックス効果を得られるメリットと、アルコールの作用で血管が拡張されるので、陰茎海綿体への血流を高める作用がありますが、適量を超えて飲酒してしまうと、薬の成分が分解されてしまい効果が無くなってしまいます。 効果持続時間は長いのですが、効き始めはマイルドなので、性行為の2時間前に服用しておく必要があります。 シアリスは効果持続時間が長いからと言って、常に勃起状態になっている訳では無く、勃起状態になるためには性的興奮や性的な刺激が必要です。 副作用としては顔のほてりや頭痛、胃部不快感などがありますが、他の勃起不全治療薬よりは軽い副作用です。 心臓や血管の病気を患っていたり、重度の肝機能障害をもっていたり、血圧に異常がある方の場合はシアリスを服用することができません。 勃起不全治療薬には飲み合わせの非常に悪いクスリがあり、シアリスと飲み合わせが悪いのは狭心症の治療薬と硝酸剤の薬が相性が悪いので、服用するときは気を付けなければなりません。

2019年08月02日