• ホーム
  • シアリスを服用するなら800カロリーまでの食事に!

シアリスを服用するなら800カロリーまでの食事に!

2019年08月02日
No1サインを出す男性

シアリスは代表的な勃起不全治療薬の中で最も長い効果持続時間をもっています。
個人差がありますが、24時間から36時間効果が持続するので、金曜日の夜に服用すると日曜日まで作用します。
そのためウィークエンドピルと呼ばれていて、一錠で週末を乗り越えられるので経済的なコストパフォーマンスにも優れています。
勃起不全治療薬の中でもシアリスは食事によって効果に影響が少なく、800キロカロリーまでの食事をした後に服用することが可能です。
800キロカロリーは、お寿司で例えると10貫から15貫ほどの量になります。
パートナーと軽めの食事を楽しめます。
アルコールは適量なら薬の効果に影響せず、精神的なリラックス効果を得られるメリットと、アルコールの作用で血管が拡張されるので、陰茎海綿体への血流を高める作用がありますが、適量を超えて飲酒してしまうと、薬の成分が分解されてしまい効果が無くなってしまいます。
効果持続時間は長いのですが、効き始めはマイルドなので、性行為の2時間前に服用しておく必要があります。
シアリスは効果持続時間が長いからと言って、常に勃起状態になっている訳では無く、勃起状態になるためには性的興奮や性的な刺激が必要です。
副作用としては顔のほてりや頭痛、胃部不快感などがありますが、他の勃起不全治療薬よりは軽い副作用です。
心臓や血管の病気を患っていたり、重度の肝機能障害をもっていたり、血圧に異常がある方の場合はシアリスを服用することができません。
勃起不全治療薬には飲み合わせの非常に悪いクスリがあり、シアリスと飲み合わせが悪いのは狭心症の治療薬と硝酸剤の薬が相性が悪いので、服用するときは気を付けなければなりません。